デイズ・ルークスが好調な日産の新車

ルノー傘下に入ったことにより準国産メーカーではなくなってしまった日産自動車ですが、ここ最近は第一線にルノーの首脳陣があまりででてこなくなったことによって、車作りも昔の日産のものに戻りつつあります。

特に旧日産時代にかかわりのある車種に関してかなり力を入れているようです。

ただ、純粋なスポーツモデルで一般庶民が買えるようなものが相変わらずなく、少し高めのフェアレディZか富裕層のためのスポーツモデルであるGT-R以外若者が車に興味を持つような車が全くありません。

ファミリーカーの王道であるミニバンなどもここのところちょっとおとなしめで、爆発的にヒットしたセレナでさえライバルのトヨタからノア・ヴォクシー兄弟が発売され、プリウスのハイブリッドシステムを搭載した本格的なハイブリッドモデルが登場したことによって売り上げがかなり落ちているようです。

コンパクトカークラスについては、ダウンサイジングスーパーチャージャーエンジンを搭載したノートが好調で、日産に安定した利益を生み出しています。

軽自動車に関してはトヨタのようにおまけ的な売り方ではなく、積極的に売り出しているためそこそこ売れており、特に新しく発売されたデイズやデイズ・ルークスなどは、軽自動車を主力商品とするスズキやダイハツなどの人気を喰ってしまうほど大人気となっています。

幅広いラインナップを持つことが旧日産時代の特徴だったのですがそれによって経営困難に至ってしまったので、現在では一気にラインナップを広げるなどの方法はとっていないようです。

日産の中古車ならセレナや軽自動車が狙い目

中古車業界の中で今一番買い時なのが、中型ミニバンのセレナです。

特に現行モデルのセレナにおいては発売当時から人気があり、更にビッグマイナーチェンジによって簡易型ハイブリッドカーになったことによって更なる人気を得ることになりました。

日産の利益のほとんどはこのセレナで稼いだといわれるほどの人気で、世の中には非常に多くにセレナが出回っています。

しかし、トヨタからノア・ヴォクシー兄弟車が発売されてからは人気が持っていかれ、ハイブリッドカーだといってもセレナの簡易型ハイブリッドシステムではノアやヴォクシーの本格的なハイブリッドシステムにはかないません。

セレナもライバル車種に合わせて、モデルチェンジやマイナーチェンジなどを行えばいいと思うのですが、簡易型ハイブリッドシステムであるS-HYBRIDを追加したマイナーチェンジの際にかなりコストをかけてしまったので、ライバルが出てきたからセレナも、というようにすることができないのです。

セレナオーナーの中でもセレナを売って、ノアやヴォクシーに乗り換えるという方が多くなっており、それによって中古車市場にはたくさんのセレナが出回っているのです。

たくさん出回るということは価値の低下を招くことになりますので、販売では価格が安く、買取では査定額が低くなってしまいます。

セレナと同じような形になっているのが、軽自動車です。

デイズシリーズが発売されたことによって、それまで販売されていたオッティやルークス、現在も販売されているモコなどが同様に売りに出されることが多くなってきており、比較的値段が下がりづらい軽自動車であってもかなり価値が低くなってきています。

車売るならどこ